経済-限界代替率

限界代替率(MRS)とは、
2種類の商品Aと商品Bがあるとする。
商品Aを一つ減らしたとき商品Bを幾つ増やすと効用(満足感)が同じになる値を言う。

限界代替率(MRS)は商品Bの増加分を商品Aの増加分で割って(-1)を掛けた値を言う。

[限界]とは、変化分に対する値をさしている。