リストの表示

表示例

ソース解説

■ HTML ファイルの作成

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>リストサンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>リストサンプル</h1>

        <p>
            <ul>
                <li>リストの項目1</li>
                <li>リストの項目2</li>
                <li>リストの項目3</li>
                <li>リストの項目4</li>
                <li>リストの項目5</li>
            </ul>
        </p>
    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<ul> ~ </ul>
「ulタグ」で囲まれた部分は、リストの始まりと終わりを表します。このタグの間に「liタグ」で項目の詳細を表示します。

 

⇒<li> ~ </li>
「liタグ」で囲まれた部分は、リストの項目の詳細を表示します。

 

番号が付いたリスト

表示例

ソース解説

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>番号の付いたリストサンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>番号の付いたリストサンプル</h1>

        <p>
            <ol>
                <li>リストの項目1</li>
                <li>リストの項目2</li>
                <li>リストの項目3</li>
            </ol>
            ここで番号付リストを一度終了していますが、続きを再開する場合は「startコンテンツ属性」で始まる番号を指定することが出来ます。
            <br>
            ここでは「Start="4"」としています。
            <ol start="4">
                <li>リストの項目4</li>
                <li>リストの項目5</li>
            </ol>
        </p>
    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<ol> ~ </ol>
「olタグ」で囲まれた部分は、リストの始まりと終わりを表します。このタグの間に「liタグ」で項目の詳細を表示します。
<ol start="4">では、「start属性」を指定しています。これは開始の番号を指定しています。

 

□<li> ~ </li>
「liタグ」で囲まれた部分は、リストの項目の詳細を表示します。

名前と説明に関係性のあるリスト

表示例

ソース解説

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>名前と説明に関係性のあるリストサンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>名前と説明に関係性のあるリストサンプル</h1>

        要素:dl,dt,dd
        <p>
            <dl>
                <dt>リストの項目1</dt>
                <dd>項目1の説明を書きます。</dd>
                <dt>リストの項目2</dt>
                <dd>項目2の説明を書きます。</dd>
                <dt>リストの項目3</dt>
                <dd>項目3の説明を書きます。</dd>
            </dl>
        </p>
    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<dl> ~ </dl>
「olタグ」で囲まれた部分は、リストの始まりと終わりを表します。このタグの間に「dlタグ」と「ddタグ」で項目名と説明文を表示します。
⇒<dl> ~ </dl>
「dlタグ」で囲まれた部分は、リストの項目名を表示します。
⇒<dd> ~ </dd>
「ddタグ」で囲まれた部分は、リストの項目名に対する説明を表示します。