リンク

表示例

リンク元のページ  index.html

リンク先のページ

linkpage.html

外部のリンク先の例


ソース解説

■ HTML ファイルの作成

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>リンクサンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>リンクサンプル</h1>

        <p>「a要素」で他のページにリンクを貼ります。<br>
            <a href="linkpage.html">
            同じディレクトリのページを表示します。</a><br>
            <a href="http://axis-brain.com/movlibipa/" target="_blank">
            外部のページを別のタブに表示します。</a>
        </p>

    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

linkpage.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>リンクサンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>リンク 呼び出されたページ</h1><br>
    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<a href="(url)"> ~ </a>
「aタグ」は別のWebページを開くためのリンクです。
「(url)」の部分は開くWebページを指定します。
  指定の方法は、相対パスまたは絶対パスを入力します。

 

  相対パスとは、現在表示されているhtmlファイルの保存されている位置からみて呼び出すhtmlファイルがどこにあるかを見ていきます。
  同じディレクトリにあるのであれば、ファイル名を指定するだけで済みます。

 

  絶対バスは外部のWebページを表示するもので、「http://www.○○○○.com」などと記述します。

 

<a href="http://www.○○○○.com" target="_blank"> ~ </a>
ここでは、「target="_blank"」がある事で別のタブにWebページを表示します。

 

また、hrefの指定したファイル形式が圧縮ファイル(zipファイルなど)や動画ファイルなど、ブラウザが表示出来ないものは、そのファイルをダウンロードする役目をします。