下付き文字・上付き文字

表示例

ソース解説

■ HTML ファイルの作成
まず最初に、テキストエディターで以下の【リスト1】の内容をを入力します。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>下付き・上付き文字サンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>下付き・上付き文字サンプル</h1>

        <p>「subタグ」を使って下付き文字を表示すると
           「水はH<sub>2</sub>O」のような表示ができます。</p>
        <p>「supタグ」を使って上付き文字を表示すると
           「2の二乗は、2<sup>2</sup>」のような表示ができます。</p>

    </body>
</html>

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<sub> ~ </sub>
「subタグ」を使って下付き文字を表示します。

 

<sup> ~ </sup>
「supタグ」を使って上付き文字を表示します。