引用

表示例

ソース解説

■ HTML ファイルの作成

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>引用サンプル</title>
    </head>
    <body>
        <h1>引用サンプル</h1>

        <p>要素:q,cite,blockquote<br>
            q要素
            <q>フレーズの引用</q>
            citeタグ
            <cite>引用:本のタイト</cite>
            blockquote要素
            <blockquote>引用:ブロックの引用です。<br>
                また、引用の中でもマーキングができます。
                <mark>特別な部分についてマーキングするなど</mark>します。
            </blockquote>
        </p>
    </body>
</html>

 

ファイル名「index.html」、文字コードは「UTF-8」で保存して下さい。

タグと要素の説明

<q> ~ </q>                                                    
「qタグ」で囲まれた部分は、フレーズの引用を表します。

 

<cite> ~ </cite>
「citeタグ」で囲まれた部分は、引用元の作品名(タイトル)を表します。

 

<blockquote> ~ </blockquote>
「blockquoteタグ」で囲まれた部分は、ブロックの引用を表します。

 

<mark> ~ </mark>
「markタグ」で囲まれた部分は、特定のテキストをマーキングしたことを表します。