基本となるHTML

JavaScript演習で使うHTMLです。

JavaScriptタグの中にJavaScriptを書き込むようにします。

/*-------------------------------------*/

<!DOCTYPE html>

<html>

<head>

    <meta chartype="utf-8">

    <title>演習用</title>

 </head>

<body>

    <script>

        /* ここにスクリプトを書く */

    </script>

</body>

</html>

/*-------------------------------------*/

JavaScript演習

Q1.  コンソールに"Test"と出力する。

/*--------------------------------*/

console.log("Test");

/*--------------------------------*/

Q2. 確認ダイアログを表示(alert)、表示文字列は「Test」

/*--------------------------------*/

alert("Test");

/*--------------------------------*/

Q3. 「OK」「キャンセル」ボタンのある確認ダイアログを表示、表示文字列は「Test」

「OK」ボタンをクリックしたら「OK」と表示された確認ダイアログを表示、「キャンセル」ボタンをクリックした場合は、「キャンセル」と表示された確認ダイアログを表示する。

/*--------------------------------*/

if (confirm("Test")) {

    alert("OK");

} else {

    alert("キャンセル");

}

/*--------------------------------*/

Q4. 入力フィールドをもつダイアログを表示、表示文字列は「Test」、初期値は「Input Text」にする。

入力した値を確認ダイアログで表示する。

/*--------------------------------*/

var x = prompt("Test", "Input Text");

alert(x);

/*--------------------------------*/