Python入門3

****************************************
制御文
****************************************

 

 

****************************************
条件分岐
****************************************

条件分岐は以下の書式になります。

if 条件:
    処理
elif 条件:
    処理
else
    処理


xの値によって処理を変える例です。

>>>x=2
>>>if x == 1:
... print('x = 1')
...elif x == 2:
... print('x = 2')
...elif x == 3:
... print('x = 3')
...else:
... print('else')
...
X = 2

 

0 と false は同等

>>>x=3
>>>if x:
... print('True')
...
True


if文の値が3なのでTrueとみなされる。

 

 

****************************************
繰り返し
****************************************

繰り返しは以下の書式です

条件が成立している間、繰り返される。

while 条件:
    処理

>>> i = 0
>>> while i < 5:
 print(i)
 i = i + 1


0
1
2
3
4

 


breakで繰り返しから抜け出す

>>>i = 0
>>>while i < 5:
...    print(i)
...    if i == 3:
...        break
...    i = i + 1
...
0
1
2
3


continue で繰り返しの処理をここで切り上げ次の繰り返しを行う。

>>>i = 0
>>while i < 5:
...    i = i + 1
...    if i == 3:
...        continue
...    print(i)
...
1
2
4
5

 


もう一つの繰り返し: for文

for文ではリストや辞書などのコレクション型などで使われます。
コレクション型は後に説明しますが、ここでは一例として紹介します。

>>>lst=['ab', 'cd', 'ef', 'gh']
>>>for n in lst
...    print(n)
...
ab
cd
ef
gh

for文についてはリストの説明の時、もう一度紹介します。

 


---------------------------------------------

コーディングスタイル

1.インデントは空白4つを使う。
2.ソースコードの幅が79文字を越えないように行を折り返す。
3.コードブロックの区切りに空行を使う。
4.コメントは行に独立で書く。
5.演算子の前後とコンマの後には空白をいれ、括弧類のすぐ内側に空白を入れない。


コメントは'#'で始まります。

 


def add(x, y):
    print('{0} + {1} = {2}'.format(x, y, x + y))

add(4, 9)

 


>>>print("abc" * 3)
abcabcabc

 


****************************************
比較演算子・論理演算子
****************************************

比較演算子
==
!=
>
<
>=
<=


>>>1 == 1
True
>>>1 == 2
False


>>>1 != 1
True
>>>1 != 2
False


>>>1 > 2
False
>>>1 < 2
True

 

>>>1 >= 2
False
>>>2 >= 2
True
>>>1 <= 2
True

 

 

論理演算子
and
or
not

 

>>>True and True
True

>>>True and False
False

>>>True or True
True

>>>True or False
True

>>>False or False
False

>>>not True
False

>>>not False
True